【スタッフブログ】いつものたびに ひとエッセンスを♪

こんにちは。

店頭スタッフ菊田です。

 

TDRや宝塚など年に何回も同じ場所に足しげく通うわたしなので、

『よく飽きないね?』『面白いの?』と訊かれることがしばしばあります。

ショーを見たりグリーティングに行ったり、観劇のメインの目的自体はもちろん飽きないのですが、

『せっかく行くのだから、なにか特別なことをしないともったいない!』

という精神のもとに、実は行く度に新しい発見や体験をしようと心がけています。

大抵は美味しいパンケーキを探しに行くことやイルミネーションを見に行くことなのですが、

たまには大奮発してもっと特別なご褒美を自分にプレゼントしています

 

たとえば、宝塚大劇場にはこのようなサービスがあるのをご存知でしょうか?

Salon de Takarazuka ステージスタジオ

宝塚といえば…の、あの舞台衣装を着て、舞台メイクをして写真が撮れるんです

衣装は男役から娘役まで、オスカルやマリーアントワネット、ジュリエットなど沢山あります。

このスタジオですが、毎月1日の予約開始日には瞬殺してしまう大人気ぶり。

どうしても体験してみたかったわたしは執念とタイミングでGETして体験してきました

(※このブログのときの伊丹行きですね)

 

まずは、受付で衣装と写真背景、印刷する用紙のサイズを決定。

移動して簡単な衣装用の下着に着替えたらメイクを落として。

あとはメイクさんに全て委ねていきます。

メイクが終わったら二人にお手伝いをして貰い(ウエストとかガンガン締め付けられます!)衣装を身に着け、

いつもの自分とぜんぜん違うカツラやアクセサリーを取り付けてもらい、…完成

 

憧れだったエリザベートの戴冠式ドレス(エリザベート ―愛と死の輪舞(ロンド)―)と、

スカーレットの樫の木屋敷のパーティードレス(風と共に去りぬ)を。

  DSC_0617 DSC_0618

(・・・顔はちょっと勘弁してください。笑)

大好きな大劇場で、憧れの衣装を実際に着てみて、メイクもバッチリしてもらって、

ほんとうに心から幸せで、まるでお姫様になったかのような気持ちでした

写真を見返すたびにもっと痩せてから行けばよかったかな、なんてふと頭をよぎりますが、

そういうことはもう気にせずどこかに放り投げておいて

こんな『非日常の幸せ』がとても愛おしくて、日々の活力になるんだよなぁ・・・と感じています。

 

ご出張などにおいてよく行く場所(東京、大阪、福岡などはよくいらっしゃいます)でも、

よく見れば毎回新しい体験が出来る『何か』があるかもしれませんよ。

そんなあなたの日々の活力『たびのエッセンス』を見つけたいときは是非お声がけ下さい。

 

*Y.Kikuta*

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ