【スタッフブログ】「秋田モニターツアーしがっこまつり」添乗日記

石塚です。先日、「秋田モニターツアーしがっこまつり」の添乗で秋田の秘湯小安温泉・旅館多郎兵衛に宿泊してきました。

 

 今年の全国的な暖冬で道路にはもちろん、山肌にも雪がほとんどなく、地肌が見え、こんなことはこの季節では経験のない風景でした。

 

今回は東方落語の今野家もう世様と今野家ちょすな様のお二人の落語会もツアーに取り入れました。

もう世さんの落語会の様子

 

 東北弁で演ずる姿は我々東北人には言葉が分かり易く、お笑い三昧のツアーでした。山奥の秘湯でこのような落語会はめったにない、ということで地元のお客様も参加して爆笑いたしました。

 

 今回は「しがっこまつり」(しがっこは秋田弁でつららのこと)すがっこを見るツアーだったのですが、今年は全くしがっこが育たず、おまつりも縮小して実施されました。少し寂しかったです。

しがっこ祭り会場

会場に展示されていた氷柱

しかしながら、花火大会は実施され、それも上がり始めた頃より15分間は雪が止み、とても迫力のある花火大会でした。澄み切った漆黒の闇の中、頭上に花火が上がり想像以上の感動がありました。Yumiさんのライブがあり、花火が終わるまで歌い続け、花火とマッチして迫力がありました。

真上に上がる花火

Yumiさんのライブに合わせて楽しみました

 いなにわうどんは江戸時代から続く「寛文五年堂」様でいただきました。このお店では「手綯いうどん」といって麺を手綯い(てない:よじらせる)してこしらえたものを生麺と乾麺の食べ比べ、天ぷらとともに茹でたてをいただきました。食べた感触の違いがわかりとてもおいしかったです。

 

秘湯小安温泉旅館「多郎兵衛」様では源泉かけ流しの温泉にゆっくりつかることができました。とろっとしたやさしいお湯で、大浴場は24時間入浴できました。露天風呂もあります。

旅館「多郎兵衛」の外観

 

2日目は秋田の伝統工芸「川連漆器工芸館」で蒔絵体験を実施。あらかじめ下絵まで書いていただいたコースターに漆で描き、その後金粉や銀粉、赤や黄色の粉末を合わせて仕上げます。思い思いの絵付けで完成したコースターは世界にただ一つの物。今度はもっと別の絵付けをしたい、とお話しされた方がおりました。

川連漆器の蒔絵体験に集中…!

 

 秋田県は日本酒の酒蔵が各市町村にあるほどの酒造県です。今回の湯沢市には4つの酒蔵があり、そのひとつ「木村酒造」さんで3種類の日本酒の試飲(銘柄:福小町)を楽しみホロ酔い気分で酒蔵を後にしました。

「木村酒造」様ののれんと外観

代表銘柄「福小町」

 最後は秋の宮温泉「秋の宮山荘」で昼食と温泉入浴。大浴場には湯船が露天風呂含め4つあり、ジャクジー、サウナもあります。私は2つの温泉を楽しみました。日帰り入浴料金は600円。昼食込みのプランもあります。国道108号線のすぐわきにあるので通行途中の休憩で体をほぐすのもいいかもしれません。

秋の宮山荘は温泉の数が自慢です

 バス車内でも今野家様のお話で笑いながらの2日間でした。笑いっていいですね。このような心休まるツアーをまた企画したいと思います。 了

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ