【スタッフブログ】スズキのホンダとヤマハのホンダとホンダのホンダ

オザイのあの娘は元気にしているだろうか。。。

時折アジアの彼方に思いを馳せるセンチメンタル細谷です。

 

その昔、東南アジアが好きで、時折ウロウロしに行ったものです。

 

今日はその中でもベトナムの交通事情について少々書いてみます。

テレビなんかで見たことがあるかもしれませんが、ベトナムではものすごい台数のバイクが街中を走りまわっていて、市民の重要な交通手段になっています。

 

こんな感じですね。
v

 

ホーチミンでは人口800万人に対して600万台のバイクがあるらしいです。すごい普及率。

3人乗り、4人乗りはあたりまえで、信号なんて守られるはずも無く、四方八方から走ってくるので「安全の国ニッポン」で育ったワタクシにはめちゃくちゃ怖かったです。

 

バイクタクシーに乗っていて何度か「オサラバかも~と思う瞬間がありました。

実際、事故もかなりあるらしい・・・というか滞在中何度か目撃しました。ちょっとグロイ話になるのでそのへんの話は省略。

 

ワタクシが訪れた頃(そりゃもうカナリ前)は、当たり前のようにノーヘルだったのですが、何年か前にヘルメット着用が義務化されて以来、着用率はほぼ100%らしいです。

なんでも、罰金がめちゃくちゃ高いのだとか。まあ、そんなことでもしないと彼らにメット強制は無理でしょうねぇ。。

 

 

そして、走ってるバイクのほとんどが「ホンダ」。

でも、よーく見てみると「ヤマハ」や「スズキ」やその他諸々のメーカーのバイクも走っていたりします。

 

ベトナムの人たちにとってバイク=ホンダなので、ヤマハに乗っているおじさんもスズキに乗ってるおにいさんも「俺のホンダに乗せてやるよー」なんて言ってきます。

 

「それってヤマハじゃん!」とツッコもうモンなら

 

「そうそう、俺のはヤマハのホンダ!

 

そんな彼らと料金交渉をしながら、あちこち移動するのも旅の楽しみだったりしますね。

 

でも、初めてベトナム旅行に行く人には、バイクタクシーはあんまりオススメしません。
特に日本語でギャグを飛ばすようなヤツは要注意!

加トちゃんペッ!」とか古めのギャグは更に注意(笑)

どうですか?ベトナム。

行きたくなってきたでしょ??

 

 

 

遇なのですが、

GWに仙台からハノイへ直行するチャーター便あります!!

 

乗り継ぎ無しでベトナムへの旅!

ぜひ、たびのレシピへご相談下さい。

 

 

 

 

存分に宣伝させて頂いたところで、ベトナムでの皆様のご活躍を祈念して筆を置かせて頂きます。

 

 

 

 

 

アオザイ? ええ、大好きですよ。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ