【東京支店便り】春の七草

みなさん こんにちは。

正月ボケもそろそろ解消していかないと。

本日は【春の七草】について少々お知らせしましょう。

 

日本で古くから行われている風習のひとつが「七草がゆ」です。
1月7日にこの七草をおかゆにして食べると,健康な一年がおくれると言われています。

 

 

●芹(せり)
……水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
●薺(なずな)
……別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
●御形(ごぎょう)
……別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
●繁縷(はこべら)
……目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
●仏の座(ほとけのざ)
……別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
●菘(すずな)
……蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
●蘿蔔(すずしろ)
……大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

お正月で暴飲暴食し過ぎた胃袋にやさしい食べ物としても

有名ですね。

今年も一年間、健康でいられますように!

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ