【食欲の秋です】東京支店便り  ~味覚狩りに行こう!・千葉編~②

皆様こんにちは。

東京支店の田村です。

 

千葉県の味覚狩りといえば「梨狩り」でしょ。

ということで本日も「梨」にスポットを当てたいと思います。

 

ナシの語源には色々な説ががあるといわれていますが、江戸時代の学者が中心部ほど酸味が強いことから

「中酸(なす)」が転じたものと述べているそうです。

他には以下のような説があるそうです。

  • 果肉が白いことから「中白(なかしろ)」あるいは「色なし」
  • 風があると実らないため「風なし」
  • 「甘し(あまし)」
  • 「性白実(ねしろみ)」
  • 漢語の「梨子(らいし)」の転じたもの

とのことです。

 

時代は古く弥生時代から食されていたのではという説が強く

静岡県の登呂遺跡から「種」が見つかっていたとのことです。

 

日本での収穫高では

1位 千葉県

2位 茨城県

3位 鳥取県

というランキングになるそうでした。

 

更に千葉県内での梨園の総面積で広いのは

1位 白井市

2位 市川市

3位 鎌ヶ谷市

となるそうです。

 

ちなみに船橋市は4位でした・・・

梨のイラスト

 

本日の「梨 講座」はこれにて終了いたします。

 

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ