【お役立ち情報】国際線で機内に持ち込めるモノ・没収されてしまうモノ~液体物~

こんにちは。いよいよ夏休みが始まりますね!

夏休み中に海外旅行に行く方も多いと思いますので、

今回はよく問合せをうける【機内持ち込み荷物 液体物について】ご紹介いたします。

 

まずは、機内持ち込みの大きさ・個数の確認です。

(ANA・JALをご利用の場合)

【個数】

身の回りの品(ハンドバックやノートパソコン)+ 1つ

 

【大きさ】

3辺の和 115cm 以内

かつ、

3辺それぞれの長さ 55cm×40cm×25cm 以内

 

スーツケースでいうと約40リットル、2~3日間サイズでしょうか。

もちろんスーツケースによってサイズは異なりますので、

御自身で改めてご確認をしていただくことをお勧めいたします。

 

【重さ】

手荷物すべて合わせて 10kg以内

 

機内に全て持ち込むと、現地到着後の機内預け荷物を待つ、

あの長くて不安な時間が無くなるのでオススメですよ♪

海外だとどうしても荷物が多くなってしまうとは思いますが(汗)

 

とても気になる液体物について!!

特に女性は要チェック!わたしもいろいろなものを没収されてます(笑)

 

【機内持ち込み可能な液体物】

◆ご用意していただくもの

縦横の辺の合計が40cm以内の透明な再封可能なプラスチック袋(ジップロック状)

 

正方形でも長方形でもかまいません。とにかくジップロックが必要です。

空港で購入すると若干お高めなので予め用意したほうがいいです。

 

◆容量

合計100ミリリットルまで

 

密度の違いはありますが、100ミリリットル=100グラムです。

※100ミリリットルより大きい入れ物に、100リットル以下のものが入っていてもダメです!

大きい化粧水のボトルに少しだけ残っているからといっても持ち込めません!(実体験)

海外出発前に普段使っている化粧品がなくなる悲劇…現地で同じものがあって良かったー!!

 

◆液体物とは…

飲料類、クリーム・ローション・オイル類、香水、スプレー、シャンプー類、

シェービングフォーム、防臭剤等のエアゾール類、歯磨き粉等の練り状物、

半固形物、その他同様の物です。

 

グロスやヴァセリンやニベアももちろんだめですよ。

コンタクト保存液などもご注意下さい。

私は試供品で持っていた化粧品を液体物にまとめるのを直前まで忘れていました(汗)

 

こちらは男性もチェック!

それはペンケースに入っている「修正液」「ノリ」

ポスカのような詰め替え系ペン

 

 

いかがでしたか?意外と【液体物】に分類されてしまうものは多いんです。

長時間のフライトを快適に過ごすため、必要最低限のものを、しっかりと、準備しましょう♪

 

それではみなさん、良い海外旅行を!!!

 

A.SONE

 

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ