【スタッフブログ】夜のお花見と言えば

げんきですかー!!
夏の暑さにみなさん、ぐったりしていませんか?
今日は沖縄から、わたくし岩田が発信していきます。

沖縄で今のシーズンの花といえば、サガリバナの季節です。
なので先日、夜のサガリバナのお花見に行って来ました。



熱帯・亜熱帯の花で、日本では沖縄~奄美のマングローブの川など、湿地帯に自生しています。

夏の夜にだけ花咲き、花びらは色鮮やかで、まるで夜空に咲く花火のよう。
また、甘い香りを漂わせるのも特徴的です。



地域によっては、西原町でサワフジや銭掛け木(ジンカキーギー)、
名護市真喜屋でモーカバナ、那覇市・首里ではキーフジという名称でも親しまれています。



見頃は、6月末~7月後半くらいまで。
ちょうど今がシーズンです!
人気の観光になっています。

花びらは明け方には散ってしまいますが、
翌日には別のつぼみが次々となるのでほぼ毎日のように観賞できます。

そして、散り際も美しく、
花びらが川辺に浮かぶ光景は、とても幻想的なのです。
ゼヒ宮古島のこの時期にお越しの際は行かれてみて下さい!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ