【スタッフブログ】テレビっ子は過去?!

こんにちは。

仙台泉タピオ店の小形です。

 

4月から新生活を始められたみなさんもそろそろ緊張がほぐれてきたころでしょうか?

4月は、何かとあわただしくて、本人も、家族も、まわりも、……

ゆっくり桜を愛でる暇さえなかった気がします。

そう、今年は例年になく、開花時期が早まりましたからね。

予定が狂ったという方も多かったのでは。

さて、

今回も今日は何の日でお付き合いください。

 

改めて、

4月21日、今日は何の日?

『民放の日』だそうです。

なぜ4月21日が民放の日かというと、

1951年4月21日に日本で初めて、民放16社に放送の予備免許が与えられたことが由来だそうです。

今から67年前の話ですね。

1952年4月21日に民間放送連盟が発足し、

1953年8月28日に日本テレビによってはじめて民放のテレビ放送が開始されたのだそうです。

ちなみに、国営のNHKの放送開始は、2月1日で半年ほど早かったのだそうです。

そんな中、テレビ離れがうわさされているとか…。

テレビを持たない、あえて持たない生活をされている方々がいらっしゃるという話。

でも、テレビは法律的には『生活必需品』に分類されているのだそうです!

これは、『生活するための最低限の娯楽とされているから』なんだそうですよ。

 

とはいっても、

もうすぐ始まるGWですが、テレビから離れた環境での娯楽を楽しまれることでしょう。

長い方は、9連休なのだとか。

GWが明けた時には、浦島太郎になっているかもしれませんね。

 

それでも、アウトドアで、大地を感じて、楽しいGWをお過ごしくださいませ。

 

次は、夏休みのご旅行相談をお待ちしております!!

 

 

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ