【古雅楽館】座繰り

DSCN1000 DSCN1001 

DSCN1002 DSCN1005                            

正月は年中行事の中で最大のイベントであるが、『小正月(こしょうがつ)』を祝う家庭は今どのくらいあるのだろうか?実際『小正月』と聞かれても即答できる若い人は少ないのではないか。

『小正月』とは正月15日の行事である。元旦を『大正月(おおしょうがつ)』と呼ばれるのに対しこの名がある。昔『松の内』は15日までだったが、江戸時代に幕府の命により7日までと定められた。現代ではそれが当たり前になってしまい、『小正月』まで一週間あるため都市部ではほぼ顧みなくなった。古代日本では月初は『望(もち)の日』すなわち満月の15日だったから、年初めの1月15日が本来の正月であった

『大正月』が年の神を祀るという精神世界の行事であれば、『小正月』はより現実世界に即した農耕に関わる祈願行事が中心である。この日の朝は古来より小豆(あずきがゆ)粥を食べる習わしがあったが、宮中では七草粥(ななくさがゆ)が食された。現代でも七草粥はマスコミの話題になるしスーパーでもセットで売られているのに、小豆粥を食べる風習はジミである。皆様の家庭では1月15日に小豆粥を食べていますか?

行事として『大正月』は格式ばったものが多いが、『小正月』は祭り(イベント)というかアトラクションは生活に根差した地方性豊かでユニークな面を持つ。古来農耕文化の流れとして、それぞれの土地で生産される作物と生活習慣に大きく影響を受けている。従って全国的に名前は共通でも中身は「●●県▲▲郡××地区の祭り」といった、極めて地域の限られた祭り(行事)が多い。

『小正月』の祭りを網羅すれば一冊の本が出来る位だが、東北に絞っても青森県八戸の『えんぶり』、秋田県男鹿の『なまはげ』、岩手県大船渡市吉浜の『スネカ』、山形県上山市の『かせ鳥』など数多く、仙台では『どんと祭』が全国的に有名だ。『どんと祭』は左義長(さぎちょう)と同じで正月に迎えた歳神、所謂『歳徳神(としとくじん・とんどさん)』の飾り物を焼くことによって神様を見送る意味合いがあるとされる。

DSCN0251 DSCN0234

『なまはげ』が来仙。昨年6月『たびのレシピ』脇の広場で開催された復興イベント時での撮影。

『小正月』の飾りつけとして全国的に共通しているのは、土着信仰をルーツとしその年の五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う、 餅花(もちばな)がある。ヌルデや柳の枝に餅や団子を刺して飾るのが一般的だが、商売繁盛の願いも込め、小判や瓢箪(ひょうたん)、鯛、当たり矢、大福帳などの縁起物も一緒に吊るすことが多い。さしずめ和製クリスマスツリーの趣だ。地方によっては穀物の花に見立て、削った木だけの素朴な飾りもあり『粟穂稗穂(あわぼひえぼ・あぼひぼ・あぼへぼ)』と呼んでいる。また東日本では『繭玉(まゆだま)』と言って、餅や団子を繭の形にして飾る ところも多い。

由来は勿論蚕(かいこ)の繭にちなんでいる。日本では紀元前から養蚕業が行われ、貴重で高価な絹織物は大きな収入源となるため、江戸時代には幕府はもとより各藩でも養蚕業が奨励された。養蚕の全国的な拡大と技術の蓄積は明治時代になって更に発展し、昭和初期にかけて輸出の主力を占めるまでになった。

江戸時代、東北の養蚕は天領だった信夫・伊達両郡(現在の福島県北部)が質量共に一番で、梁川は蚕都(さんと)として全国に知れ渡った。特に蚕種(さんしゅ)は幕府の折紙がつくほど品質が高く、生産は当時の日本最大量を誇り、全国の蚕種生産高の半分以上を占めるまでに至った。1849年には梁川村の中村善右衛門が10年もの歳月をかけて蚕の飼育時に適正な温度を管理可能な『蚕当計(さんとうけい)』を発明し、天候に左右されない安定した飼育が可能になった。 『蚕当計』の発明は日本の近世養蚕史上でもエポックメーキングのひとつとされているが、幕末の福島には八重の桜のみならず偉い方がいたのだ。

養蚕から製糸に至る工程は明治になって近代的な工場が出来るまで養蚕農家が生糸を作るのが一般的であった。生糸作りは手挽きと言って繭を煮て糸口を出し、『丑首(うしくび)』という糸巻を巻き取るだけの原始的な方法が行われていた。作業の効率化を果たすために木製の歯車を組み合わせた専用の器具が考案されたのは1800年初期で、1830年頃には改良型が現れ、更に1860年頃ほぼ完成の域に達したとされている。 この装置を『座繰り(ざぐり)』といい、湯に浸かった数個の繭から糸を取り出し把手を回すと糸に撚りをかけながら巻き取っていくという大変なスグレモノである。

DSCN1040 DSCN1041

座繰りはLDの片隅、食器棚の上に安置。小ぶりの焼物と併せて飾るのも楽しいが、震災であらかた割れてしまった。                                           写真に見えるガンダーラ仏やミンチ機については、いずれ書く機会もあるかも。

『座繰り』の出現により生糸の生産効率は飛躍的に向上したが、その後製糸工場が全国に建設されてもその価値は変わらなかった。明治中期以降、農家は繭を工場に出荷し養蚕に専念する分業体制が確立した。それでも出荷時に選別され規格に達しない所謂『くず繭』は必ず残るので、捨てずにそれから糸を取るのも農家の重要な仕事であった。紡いだ生糸や機織り機で織った反物は自家製の着物や販売して貴重な副収入源になったからである。尤も当時は品質が均一でない自家製の生糸は『ぼろ糸』、『太糸』等と蔑称され市場には出回らなかったが、糸を無理に引っ張らない柔らかさと素朴な風合が見直され、少量生産の貴重さも手伝って次第に高価に取引されるようになった。

このようなこともあって『座繰り』は明治後期から大正にかけて全国に広まったが、改良(または発明)者が誰であったかは諸説があり定かではない。ただ現在でも小規模繰糸(そうし)で使われているくらい完成度の高いスタイルは上野(こうづけ10製をもって一とする。通称『上州座繰り』として名高く、デザイン上の小さな相違はあるものの基本的な構造は日本国中、皆共通である。『上州座繰り』は大別して『富岡座繰り』と『前橋座繰り』があり、前者は輸出向細糸高速繰糸用(歯車比7:1)、後者はそれより等級の劣る繭から取るためパワーが必要なトルク繰糸用(歯車比4.5:1)で、全国の農家に普及したのは後者の方である。

DSCN1037  DSCN1034

旧入間郡精明村で使われた座繰り。堅牢な作りでその気になれば今でも使用可能。下段の太い軸は「ヤマミチ」と言って、竹製ガイドの先端がW字状の                       溝をなぞり、ガイドの突端が左右に振れて糸を均等に巻き取る巧妙な仕掛け。                

家には『座繰り』が二台あり、『前橋座繰り』そのものだが、この文を書くにあたって掃除がてら改めて出自を調べてみた。ひとつは東京在住時、深川の富岡八幡宮骨董市で求めたもの。側板に焼印で『群馬郡』とあるがその次が読めない。右書きなので戦前であることは確かだが、そのまま分からずじまいだった。ところが今回付属の糸巻きを掃除したところ、うっすらと所有者の名前と住所が墨書きされているのを発見した。日にかざして斜めから見てようやく判別出来るくらいなのでこれまで掃除しても全く気が付かなかった。

原文は「明村 宇(?)川崎 高橋」反対側に「明治三拾七年」とある。『群馬郡』は今の前橋・高崎・渋川市を中心とした地域で、明治に入り全国で統一された町村制が施行されたのは明治29年(1896年)だから、「●明」のつく村を探したものの見当たらず、範囲を広げて群馬・埼玉両県の旧郡を調べた結果、『入間郡』に『精明村』を見つけた。「●明」の村はここしかないので更に調べると現在の飯能市に『精明小学校』があり、近くに『川崎』という地名もある。従って「宇」は「字(あざ)」であり、持ち主の高橋さんは1904年にこの地で書き込んだのであろう。ひょっとして子孫のご家族は今も飯能市川崎におられるのかもしれない。

DSCN1032  DSCN1033

旧吉備郡菅谷村で使われた座繰り。こちらのガイドは変型二連だが、ガイド受けは一本でロッドで繋がり、同時に動く。                                          糸巻きの交換は側板に取り付けた竹の弾力を利用するなど、ほとほと感心してしまう。     

もう一台はネットオークションを始めたばかりの頃、岡山県の出品者から落札した。こちらは側板に墨痕鮮やかに所有者の住所と名前が記されているが、年代の手掛かりはない。地元『吉備郡菅谷村(すがたにそん)』とあり、現在の加賀郡吉備中央町にあたる。これも子細に調べると建部町の町境近くに『菅谷貯水池』があり、所有者だった小山さんはこの界隈にお住みだったかと推察される。山間の集落だが農産物の集散地だった津山線福渡駅まではそれほど遠くないので、繭の売買業者も左程苦労せず行けたのではないか。なお、『菅谷村』が他の村々と合併して津賀村になったのは昭和7年(1932年)なので、群馬製よりは新しいけど、この座繰りも最低80年は経ている勘定になる。

DSCN1039 DSCN1035

側板に記された銘。100年近く経っているので「個人情報」は適用外でしょう。

 日本では衰退著しい養蚕業だが、それと共にこのような器具も遺棄されていく。『糸車』も探しているのだが部品の欠損したものが多く、原形を留めているものは値段も法外なので手を出せない。運よく入手出来た暁にはいずれ改めて報告しようと思う。

_______________________________________________________________

 1.昔、元服の儀も祝いとして正月に行われたため、その流れで1月15日が『成人の日』と定められた。また正月が終わる15日には「お年玉つき年賀はがき」の抽選日であった。現在は二つ共変わってしまったのはご存じの通り。

2.別名『望粥(もちがゆ)』。小豆のもつ赤色は邪気を払うという言い伝えから。古代中国から渡来した風習である。

3.『田植踊』から派生し、田植え前に土を均す時の農具『えぶり』 が語源とされる。重要無形民俗文化財。詳しくはこちら→ www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/festival/enburi/

4.『なまはげ』とよく似て、鬼のような面を被り子供のいる家庭を訪ねまわり、「怠け者はいないか」と懲らしめる。訪問家庭の厄払いの意味もあり、重要無形民俗文化財。火に当たってばかりいて脛(すね)にできた『火だこ』を剥ぎ取ることから、この名がついたらしい。詳しくはこちら→www.nikkei.com/article/DGXZZO38083270X10C12A1000000/

5.現在は2月11日に行われている奇祭。『火勢鳥』に由来、火伏や商売繁盛祈願の行事。奇怪な藁(わら)衣装を身にまとい、「カッカッカ」と奇声を上げて踊りまわり、真冬なのに訪問先の人々から冷水を浴びせかけられる。詳しくはこちら→kaminoyama-spa.com ›

6.毬(まり)を打つ杖三本を結んだ『三毬杖(さぎちょう)』に飾り物をしつらえて燃やし、その年の吉兆を占う行事で平安時代に宮中で行われていたものが始まりと言われる。地域によっては派手な飾りつけをしたり、神輿(みこし)を担いで練り歩くなど様々なバリエーションがある。

7.蚕の卵のこと。交尾した成虫200匹を特製の紙(蚕種紙という:約36cmX23cm)に産卵させ、6万~8万個の卵を得る。幕末には一枚一両の値がついた。蚕種は長年の飼育経験をもとに交配が進められ、当時の品種改良技術は世界的にも極めて高いレベルにあった。但し情報の流出を防ぐため、個々の蚕種農家では門外秘伝の技術で、書面に残る改良過程の記録は殆ど無く謎が多い。

 8.温度計の一種で『蚕当計秘訣』というマニュアルとセットで販売された。若齢幼虫と老齢幼虫の生育適正温度を『蚕当計』で室温管理するシステム。

9.数個の繭から糸を絡め取り束にする様子を象形文字にしたのが『糸』の原型。

10.現在の群馬県。2009年の統計で繭の生産は群馬県がトップで約161t、二位福島の51tがこれに次ぐ。宮城は7位の13t。因みに宮城の昭和37年(1962年)は2,042t(!)だった。

_______________________________________________________________

【トップ写真】今年も外塀(そとべい)一面に藤の花が咲いた。満開はいつもより遅く5月15日頃。

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ