【スタッフブログ】秋田 上桧木内紙風船上げツアー

こんにちは。渉外販売荒川です。

 

今年の冬は「歴史的寒波」「何年ぶりの何日連続の氷点下」
というニュースが飛び交う中、先日仙台駅発、

当社ツアーの上桧木内紙風船上げのバスツアーに

添乗員として参加してきました。

 

この日の気温は仙台の最高気温が11度、仙北市の最高気温が6度、

先月の時点ではかなり暖かい予報に安心しておりました。

仙台から休憩をはさみながら移動は渋滞もあり約4時間30分。

 

会場に近づくにつれ雪の壁が見えてきました。

渋滞をくぐり抜けようやく会場に到着。

会場では・・・積雪は約10cm、雪がしんしんと切れ間無く降り続いておりました。

屋台も多く立ち並び、豚汁、焼き鳥等等、真冬の降雪の中のお祭り、

これも中々風情がありました。

そんななか、開幕を知らせる花火が打ち上がりました。

 

その後にいよいよ巨大な紙風船が打ち上がる予定でしたがこの日は

あいにくの大雪の為、本来の打ち上げ数より少ない数ではありましたが、それでも

とても幻想的で美しい灯火が灯った紙風船は見事でした。大きな紙風船に

なると高さ12mまでになるとのことです。

 

雪が降る中での鑑賞でしたが、夜空に打ち上がった紙風船の灯りが

暖かく、寒さも忘れ見入ってしまいました。

 

「思いや願いが天に届くようにと空に打ち上げる、幻想的な冬の風物詩」。

 

皆様も来年はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ