【東京支店便り】初詣特集 ~東京編①~

遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。

本年も引き続きよろしくお願いいたします。

東京支店の堀です。

 

早速ですが、初詣には行かれましたか?

初詣は、いつまでにいかないといけないとの決まりはないようですが

一般的に三が日(1日~3日)、または松の内までに参拝するのがよいとされているようです。

※松の内―門松を飾っている時期で関東は1月7日まで、関西は1月15日までとされています。

ちなみに、厄払いはお正月から節分までにお参りする方がよいとのことです。

厄年の方は、ご注意ください!!

 

これから初詣を検討している方にお勧めするところをご紹介させていただきます。

①明治神宮

東京で人気の初詣スポットです。例年初詣の参拝者は、全国1位。

三が日の集客人数が3万人を越える圧倒的な人気を誇る「明治神宮」。

敷地内の深緑の杜は国民から献木された木を植樹し、

辺り一面ビル郡に埋め尽くされた都会のオアシス的存在になっています。

 

②浅草寺

都内で最古の寺院です。

下町庶民から「浅草の観音様」と慕われています。

東京都内の中でも上位の人気観光スポットで、

参道の仲見世には「雷おこし」「人形焼き」など下町名物がズラリと軒を並べています。

元日0時ちょうどに弁天山の鐘楼で「除夜の鐘」が打たれ、

それを合図に参拝者からの大きな歓声が上がり初詣がスタートします。

 

③西新井大師

古くから「火伏せの大師」「厄除開運」の霊場として有名です。

関東圏では「厄除け三大師」の1つとしても知られています。

厄除・方位災難除・家内安全・学業成就・交通安全・旅行安全・商売繁盛・開運・家内安全など

様々なご利益があるとされ、大人気の初詣スポットです。

また、塩をイボに付けると治癒すると言われている「塩地蔵」が有名のようです。

 

今年1年もますますのご繁栄をお祈りいたします。

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ