【スタッフブログ】新年と言えば・・・

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

皆様はどのような年末年始でしたか。

私は全国標準。たわいもない「ぐでぐで正月でした」

でもこの「ぐでぐで正月」って素敵なんですよね・・・

 

その「ぐでぐで」の中で皆様も一度は口にしたであろう『お雑煮』について

ご案内したいと思います。

おせち料理と合わせ、なんでまた新年に食べるのでしょうかね。

お雑煮には餅がつきものです。餅は昔から日本人にとってお祝い事や特別の日に食べる

「ハレ」の食べ物でした。そのため新年を迎えるにあたり、餅をついて

他の産物とともに歳神様にお供えをしました。そして元日にそのお供えを

お下がりとして頂くのがお雑煮です。お雑煮を食べる際には旧年の収穫や

無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈ります。正月三が日の祝い膳

には欠くことのできない料理とのことです。

「雑煮」の語源は「煮雑〔にまぜ〕」で、いろいろな具材を煮合わせたことから

来ていると言われているそうです。

 

一年の無事を祝い日本全国で食される日本の伝統料理と言えますね。

ですが沖縄では食されないことが多いそうです。

代わりに中身汁(豚の内臓の澄まし汁)を食されるそうです。

 

何と言っても健康で入れるのが一番です。

まだの方は今からでも間に合いますので

お雑煮を召し上がっていただき一年の無事と繁栄を祈願しましょう!

今年も皆様とともに素敵な一年にしたいと思います。

何卒よろしくお願い致します。

 

東京支店、田村でした。

 

 

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ