【スタッフブログ】ボジョレーヌーボー解禁!

こんにちは。

タピオ店の小形です。

今朝、七ヶ宿町ではついに雪が降ったとか。

寒かったわけですよね 今朝は一段と。

 

さて、

今日は何の日、そう『ボジョレーヌーボー解禁日』。

ワイン大好きも、そこそこ好きのみなさんも、

今日はテンションが上がっているのでは?

私たちのお店のある仙台泉パークタウン タピオ店の中にも

ワインを扱っているお店があって、先ほどのぞいてみました。

ありましたよ。(*^。^*)

 

お酒の飲めない私がする話題ではない気もしますが、

気になったので、今日はこの話題で…。(^_^メ)

 

『解禁日』ということは、何かお約束事があるようですよね。

見つけました。

その辺のこと…。

 

フランスのお話でした。

ボジョレーヌーボーの販売も消費も解禁日までは禁止となっています。

フランスの法律で。

解禁日は、11月の第3木曜日と決められているのだそうです。

もともとは、解禁日などなかった時代、

われ先にと販売開始日を前倒して販売をするお店が出始め

どこよりも先に売り出せば、それだけそのお店ではワインが売れる。

どんどん競争が過熱してしまい、ワインの醸造が終わらないうちに

販売を開始してしまうお店まで出てしまったのだとか。

そうなればもちろん質が落ちてしまいます。

そうして、ワインの質を守るため『解禁日』が設けられたということです。

ボジョレーヌーボーは、その年に収穫されたブドウを

短期間で醸造したもの。

毎年、その年ごとに天候をはじめいろんな環境で味が違ってきます。

今年はどんな仕上がりだったのでしょうね。

 

今晩、いろんなお店でのイベントやおうちボジョレーヌーボーを楽しむ

人たちがたくさんいらっしゃることでしょう。

そのあたり味わって、にわかソムリエになりきって

楽しんじゃってください!!

 

くれぐれも楽しいワインにしてくださいね。

 

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ