【東京支店便り】Parc de la rouge♪

東京支店の岡です。

 

今月の「東京支店便り」は、支店メンバー持ち回りで、

東京近郊の紅葉情報をお伝えしますので、
来京する予定のある方も、ない方も、
東京近郊の方も楽しみにしてくださいませ。

 

私、岡からのおすすめは、ズバリ公園です。

基本タダで観られて、観光名所ほど混雑することない。

 

東京はとても公園の多い街だと思います。

 

その元をたどれば、大名屋敷の跡が

使われているからです。

 

たとえば日比谷公園。

 

御用屋敷

萩藩毛利家

佐賀藩鍋島家

南三草藩丹羽家

吹上藩有馬家

福知山藩朽木家

盛岡藩南部家

唐津藩小笠原家

狭山藩北条家

 

以上、すべて上屋敷。

こんなにありました。

 

有栖川宮記念公園は盛岡藩下屋敷、

 

ミッドタウンの下にある檜町公園は長州藩の下屋敷、

どちらかというと、冬になると仕事の帰りに

スケートをしに行くのが楽しみなところだったりもしましたが、

 

というような感じで、

江戸という街の財産が活かされているんです。

(かたちの残る庭園も多いですが、基本有料です)

 

秀吉の大坂には参勤交代のような制度はなかったから、

現代の大阪でも大阪城以外では公園が非常に少ないのです。

 

だから、東京の公園は、

西京、つまり京都の神社仏閣に対抗できる

観光資源だと言い切ります。

 

ただ、世界の大都市と比べると、

ひとりあたりの公園面積が

ニューヨークやロンドンの10分の1、

パリの4分の1しかないのも事実。

 

元が大名屋敷なので、
欧米のように計画的に巨大な公園を造成する、

 

という発想がなかったから、

ということです。

 

欧米の都市に対抗する公園として

計画されたのが外苑も含む明治神宮で、

 

明治神宮もまた肥後藩の別邸など、
大名屋敷のあったところに造成されています。

 

プロ野球の終わった秋の神宮外苑の楽しみといえば、

TOKYO DESIGN WEEKでしたが、

昨年、悲しい事故が起きて開催が今年は中止となりました。

 

デザインと共にいちょう並木の色づきを

楽しめる最高の機会だったんですが、

安全性に最大限配慮するかたちで、

来年以降なんとか復活してほしいものです。

 

というわけで、最後にここまで名前の挙がったところの、

紅葉の彩りをご覧ください。

 

日比谷公園

tokyo_20151213083521

 

有栖川宮記念公園

紅葉

 

檜町公園

檜町公園 033

 

神宮外苑

P1000419

 

 

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ