【スタッフブログ】昭和の龍宮城

皆様こんにちは。

さて、「昭和の龍宮城」と呼ばれる場所をご存知でしょうか?

またはお聞きになったことがございますでしょうか?

 

正解は・・・

東京の目黒にございます、「目黒雅叙園」です!

 

 

昭和6年、目黒雅叙園は、本格的な北京料理と日本料理を食べさせる料亭としてオープンしました。

その後、結婚式の総合化、大浴場の併設などさまざまなアイデアで庶民の人気を集めました。

人々のハレ気分を満足させるため、館内の装飾は華美を極め、

「昭和の竜宮城」などと呼ばれるようになります。

 

現在でも、昭和10年に建てられた現存する唯一の木造建築で、食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、

99段の長い階段廊下が繋いでいる「百人階段」を見学することも出来ます。

階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、

各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

 

百段階段

また、宮崎駿氏が「千尋が働くことになる湯屋は目黒雅叙園も参考にしています。

そこは元禄文化風とされる通俗的な御殿が持つどぎつさがあり、そのどぎつさを出したかった」

と語るように、映画「千と千尋の神隠し」のモデルでもあるんです。

 

 

そんな「目黒雅叙園」が4月1日より「ホテル雅叙園東京」にリブランドしました!

「ホテル雅叙園東京」として再発進するコンセプトは“心つなぐ、麗しき祝祭百景”。

祝祭を通じて人がつどい、心がつながり、世代や国を超えてさらなる幸せが生まれる場所を目指す。

との事です。

もちろん名前の冠に「ホテル」がつきますが、これまで同様総合結婚式場としてもご利用頂けます。

 

先日仕事で利用させていただいたのですが、その日も庭園では写真撮影が行われておりました。

 

 

是非東京にお越しの際は足をお運び頂き、優雅なひと時をお過ごし下さい。

以上東京支店松田でした!

 

 

※ホテルのそばを流れる目黒川は東京で人気のお花見スポットです。

3月下旬から4月上旬がおススメです!

 

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ