【スタッフブログ】席替えいたしました

肪が少ないので冬は苦手な細谷です。

スプリングカモ~ン。

 

ここ最近、新入社員が次々と入ってきたこともあり、2年9ヶ月慣れ親しんだデスクから引越しをいたしました。
と言っても、斜め向かいに移動しただけなんですけどね。

 

パソコンと引き出しの中身を持っていけばそれで終わり・・・。

そう思っていたのですが、引っ越しにあたり、まずは引越し先の物件を調査しに行ってみると、あろうことか開かない引き出しがあるではないですか!

それも、私が右ポケットの次に愛する右の一番上の引き出しが開かないという大問題が発覚したのです。

 

犯人は誰だ!?

 

俺の新居になんてことをしてくれたんだコノヤロー。

 

いや、「コノヤロー」は言い方が物騒なので、「こんにゃろー」の方が愛嬌があるかな。

というわけで、なんてことをしてくれたんだこんにゃろー。

 

カギはついてないのに、どんなに力を入れて引っ張っても開きません。

 

 

・・・そうか、良い根性しとるな。

徹底的にやってやろうではないか!

 

 

「アカヌナラ、ハカイシテデモ、アケテヤル」

 

 

いやいや、

 

冷静にならねば・・・会社の備品をハカイしてはマズイ。

 

 

 

そして、

まずは上から10秒。

下から12秒。

右から9秒。

左から17.6秒。

 

目を凝らしてじっくり観察です。

 

敵を知るにはまずよく見ることだと、マジックの師匠がいつも言っていました。

 

 

しかし、残念ながら恋のマジックポーションは起こらず、原因究明には至りませんでした。

 

 

 

次に、スマホのライトを点灯し、隙間という隙間を確認です。

 

つい、「スマホ」と言ってしまいますが、本当は「スマフォ」じゃないのか、なんなら「スマーフォ」じゃないのか、「iPhone」だって「アイフォーン」と発音するのが正しいという話だし、と考えを巡らせつつ、少しの隙間も逃さずに詳細に観察します。

 

 

 

っ!

 

 

 

その時でした。

引き出しの右端と左端で微妙に異なる突起を発見しました。

 

 

「お前か・・・」

 

 

デスク本体と引き出し間の数ミリの隙間から見えた右の突起は、自らの本来の姿とはかけ離れてしまった状態に戸惑いを隠せない様子でした。

 

 

しかし、そこからは血で血を洗う戦い、ルーオーシャンに飛び込んだつもりの突起野郎はまんまとッドオーシャンにハマったというわけです。

 

数ミリの隙間にスマーフォのライートを照射し、物差しやら針金やら諸々の工具やらを総動員して、引き出しの中の突起と私のバトールが繰り広げられました。

やっとのことで引き出しの中の状況を把握することができたのですが、あまりに狭い隙間の中のこと故に、どうにもなりません。

 

 

かくなるうえは・・・

 

というわけで、必殺技「ケリー」を入れることを決断。

 

次の瞬間、ローリングソバット一撃。こんにゃろー!

 

狙いは的中し、突起野郎の心臓部にメガトン級の振動を与えることに成功。

無事に引き出しを救出しました。

 

 

引き出しもデスークも、そして突起野郎も無傷でした。

見事に無血革命をやり遂げましたとさ。

 

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

というわけで、

図らずもここまでお付き合いくださった皆様、ありがとうございます。そして本当にくだらない話でごめんなさい。

 

 

席替えした先のデスクの引き出しがストッパーにゴミが詰まって開かなくなっていたので、日曜大工的にどうにかして治しましたよという話でした。

 

 

日曜大工と言えば、たびの邸宅各施設でも、ちょっとした故障や破損など、わざわざプロに修理を頼むほどでも無いかなという事が多々あります。
そんな時はホームセンターで材料を買い込んで日曜大工よろしく自分で治したりするのですが、そうすると建物にすごく愛着が湧いてくるんですよね。

 

 

日々、各地の管理清掃スタッフもお客様に喜んでいただけるよう頑張っておりますので、お客様にもぜひ愛を持って「たびの邸宅」をご利用いただけますと嬉しいです。

 

 

これから、暖かくなると観光にも良い季節です。

 

蔵王・鎌倉・沖縄の貸別荘「たびの邸宅」をよろしくお願いします。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ