【スタッフブログ】捨てられないもの

先の週末で引越しが終わり、やっと一息ついた能登谷です。
引越しで沢山出てきた不用品を処分し、心もあらたに次に進もうと思っている次第です。

 

でもなぜか捨てられないものも結構ありまして・・・。

 

2005年、名古屋で開催の「愛・地球博」マスコットキャラクター「キッコロ」。当時のゆるキャラですね。
つぶらな目が何かを訴えていて、捨てるに捨てられない。

 

図①

 

愛・地球博は大盛況の中、幕を閉じましたが今でも跡地が「モリコロパーク」として地元の皆様に
愛されているようです。当時は大行列で中々入る事が出来なかった「サツキとメイの家」も相変わらずの
人気だとか。

 

お次は、千葉県川崎市と木更津市を結ぶ東京アクアライン上にある「海ほたるPA」のお土産「ヒカル君」。

 

図②

 

頭を叩くとツノ(?)の部分が光って音楽が流れるのですが、何故かそれが「ランバダ」。でも20年近くも
前に頂いたものなので今では電池が切れてしまい残念ながらもう聞くことは出来ません。
内蔵電池なのでプロに交換を頼まなくてはいけないのでしょうが、それはかなり恥ずかしいので・・・
そのままです。

 

彼らは普段押入れの中でこっそり眠っていますが、これからも大事にしていきたいと思います。

皆さんにも何故か捨てられないもの、きっとありますよね?今度機会がありましたら教えて下さい。それでは。

 

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ